天気予報を見る
 
新聞購読申込

古墳時代の「地中梁」公開、鳥取/弱い地盤、建物の沈下防ぐ

2018/12/14 17:03

 地中梁が使用されていた古墳時代の建物を復元したCG(提供・鳥取県教育文化財団、図作成・公立鳥取環境大浅川研究室)
 地中梁が使用されていた古墳時代の建物を復元したCG(提供・鳥取県教育文化財団、図作成・公立鳥取環境大浅川研究室)

 松原田中遺跡から出土した2本の地中梁=14日午後、鳥取市
 松原田中遺跡から出土した2本の地中梁=14日午後、鳥取市

 鳥取県埋蔵文化財センターは14日、鳥取市の松原田中遺跡から出土した3世紀後半(古墳時代)の2本の地中梁を公開した。出土地周辺には湖山池があり、地盤が弱いことから、高床式倉庫の基礎部分の補強に用いられたとみられる。

 センターは「建物の沈下を防ぐ目的で梁を2本一組で地中に埋め込んだのだろう」と見ている。

 スギ材で、長さは7・33メートルと7・22メートル。梁の長さなどから、巨木を加工していることが分かり、センターの下江健太係長は「森林資源に恵まれ、優れた加工技術を持つ集団が暮らしていたことがうかがえる」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.