天気予報を見る
 
新聞購読申込

藤井七段、地元愛知で公開対局/ファン800人観戦

2018/12/09 21:08

 愛知県在住で将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が9日、名古屋市内のホテルで開かれた将棋イベントで佐藤天彦名人(30)と公開対局を行った。藤井七段は120手で勝ち、「中盤でうまく誘い込めたのが功を奏した。良い結果を残せて励みになった」と語った。

 会場には、女性ファンを中心に約800人が詰め掛けた。対局前のトークショーでは、今年1年を振り返り「活躍する多くの棋士と対戦でき、成長できた」と述べた。師匠の杉本昌隆七段(50)に「温かく見守っていただき、感謝しています」と話すと、杉本七段は「親子ほど年齢が離れているが、棋士として尊敬している」と応えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.