天気予報を見る
 
新聞購読申込

道産子の俳優が東京で熱い舞台/地震被害の地元でも上演へ

2018/09/21 17:32

 舞台「雪虫」の一場面=東京都内
 舞台「雪虫」の一場面=東京都内

 北海道出身の俳優でつくる演劇ユニット・道産子男闘呼倶楽部が9月、東京・浅草で新作「雪虫」を上演し、人情や郷土愛が混じり合う熱い舞台を見せた。直前に予定していた札幌公演は6日発生の地震で延期に。ユニットは東京公演の収益の一部を義援金に充てるとともに「ぜひ北海道の方に見てもらいたい」と、地元での舞台も実現しようと意気込んでいる。

 「道産子―」は「演劇で北海道を盛り上げられないか」と、東京の人気劇団に所属する犬飼淳治(扉座)、津村知与支(モダンスイマーズ)らが2014年に結成。今回も作・水谷龍二、演出・赤沢ムック、客演に三田村周三、徳橋みのりと北海道出身者で固めた。

 登別の山中を舞台に、元自衛隊員(三田村)、その息子(犬飼)らが織りなす喜劇。「なして?」「ゆるくないよ」とせりふには方言が交じり、ドメスティックバイオレンス(DV)、憲法改正問題や北海道を巡る国際情勢も取り上げられる。

 「部長」の犬飼によると、地震で札幌の劇場に大きな被害はなかったが、セットの運搬や余震への不安から延期を決めた。今後出演者らのスケジュールを調整し、来年にも万全の状態で“凱旋”する考えだ。「北海道各地でワークショップを開いて演劇の楽しさを伝え、過疎化が進む地域の活性化にもつなげたい」。犬飼はその先も見据えている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.