天気予報を見る
 
新聞購読申込

興福寺中金堂、10月に落慶法要/奈良市、献茶や舞踊も

2018/09/14 19:52

 奈良市の興福寺は14日、約300年ぶりに再建している中金堂の落慶法要を10月7〜11日に営むと発表した。期間中には献茶や舞踊なども行われる。一般参拝客が中金堂を拝観できるのは同月20日から。

 法要では再建に携わった関係者による鴟尾の除幕や能楽の奉納、室内楽団「日本テレマン協会」(大阪市北区)による演奏も行われる。東大寺や薬師寺、延暦寺(大津市)の僧侶による法要もある。

 中金堂は興福寺の中心的な建物で、江戸時代の1717年に焼失し、本格的な再建はされてこなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.