天気予報を見る
 
新聞購読申込

女性に宛てた芭蕉の手紙見つかる/兵庫、平仮名を多用

2018/09/06 18:03

 新たに見つかった、女性の弟子・智月に宛てた松尾芭蕉の手紙
 新たに見つかった、女性の弟子・智月に宛てた松尾芭蕉の手紙

 兵庫県伊丹市の博物館「柿衛文庫」は6日、江戸時代の俳人松尾芭蕉(1644〜94年)が晩年、女性の弟子・智月に宛てた直筆の手紙が新たに見つかったと発表した。「ぞんじまいらせそろ」という言葉遣いや平仮名を多用するなど、女性宛ての手紙の特徴が現れているという。

 既に見つかっている芭蕉の書簡約200通のうち、女性に宛てた手紙はこれまでに8通しか見つかっておらず、智月宛ては6通目。

 柿衛文庫によると、手紙は2枚で、大きさはいずれも縦約15センチ、横約36センチ。江戸滞在中の元禄6(1693)年に書かれたとされる。今年6月、京都市の所蔵者から情報提供があった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.