天気予報を見る
 
新聞購読申込

文楽三味線の鶴沢寛治さん死去/人間国宝として活躍

2018/09/05 13:01

 死去した鶴沢寛治さん
 死去した鶴沢寛治さん

 人形浄瑠璃文楽三味線の人間国宝として活躍した鶴沢寛治(つるざわ・かんじ、本名白井康夫=しらい・やすお)さんが5日午前4時30分、奈良県生駒市の病院で死去した。89歳。京都市出身。死因は遺族の意向で明らかにしていない。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

 1943年、後に人間国宝になった父、六代目鶴沢寛治に入門。56年に八代目竹沢団六を襲名した。ふっくらとした艶のある音色と端正な芸風で評価が高く、時代物や世話物を幅広くこなした。

 97年、人間国宝に選ばれ、99年に旭日小綬章を受章。2001年に七代目寛治を襲名した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.