天気予報を見る
 
新聞購読申込

映画で白人至上主義を糾弾/スパイク・リー氏、話題に

2018/08/14 07:34

 2017年8月、米南部バージニア州シャーロッツビルで開かれた白人至上主義のグループの集会で、反対派が集まっていた付近に車が突っ込み、宙に舞う人々=(ライアン・M・ケリー/デーリー・プログレス提供、AP=共同)
 2017年8月、米南部バージニア州シャーロッツビルで開かれた白人至上主義のグループの集会で、反対派が集まっていた付近に車が突っ込み、宙に舞う人々=(ライアン・M・ケリー/デーリー・プログレス提供、AP=共同)

 1978年、米テキサス州モーリスビルで開かれたクー・クラックス・クラン(KKK)の集会(UPI=共同)
 1978年、米テキサス州モーリスビルで開かれたクー・クラックス・クラン(KKK)の集会(UPI=共同)

 【ロサンゼルス共同】米南部バージニア州シャーロッツビルで死傷者が出た2017年の衝突事件から1年に合わせ、白人至上主義やトランプ米大統領を激しく糾弾した映画「ブラッククランスマン」(原題)が13日までに封切られ、全米で大きな話題となっている。

 作品は西部コロラド州で1970年代に白人至上主義の秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)に潜入捜査した黒人警官の実話に、シャーロッツビルの事件映像を加え、変わらない米国社会の人種問題を描いた。

 作品を手掛けた社会派のスパイク・リー監督は米メディアに、「ホワイトハウスのあいつにも見てほしい」と訴えている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.