天気予報を見る
 
新聞購読申込

戦士役の2人、対抗意識も/仮面ライダー最新作

2018/08/09 19:38

 仮面ライダーシリーズの最新作「仮面ライダージオウ」制作発表が東京都内で開かれ、主人公常磐ソウゴ(ジオウ)役の奥野壮ら主要キャストが登場。若さあふれるやりとりで場を盛り上げた。

 テレビ朝日の制作で「平成仮面ライダーシリーズ」がスタートした2000年に生まれた奥野は、役に決まったときは「放心状態だった」とか。

 時空を超えた戦いがテーマの今作。2068年の未来で「魔王」となって人々を苦しめることになるソウゴを倒そうと、50年後から仮面ライダーゲイツが現れる。仮面ライダービルドら歴代戦士の登場も見どころだ。

 ゲイツ役の押田岳が「並ぶと僕のライダーの方が強そう。男の子たちに気に入られたい」とライバル意識を見せると、奥野が「僕も気に入られたいですね」と張り合う一幕も。

 そんな初々しい2人に司会者が「野球のバッテリーみたいですね」と声を掛けると「ありがとうございます!」と元気な声で応じていた。

 制作発表には大幡しえり、渡辺圭祐も登場した。放送は9月2日からテレビ朝日系。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.