天気予報を見る
 
新聞購読申込

文化財被害、新たに24件を確認/西日本豪雨

2018/07/11 21:52

 西日本豪雨による国の文化財被害が、新たに9県で24件確認されたことが11日、文化庁のまとめで分かった。被害は16府県の計93件となった。

 史跡「和歌山城」では2カ所で土砂崩れが発生し、石垣の一部も崩落した。重要文化財「臥龍山荘」(愛媛県大洲市)では建物の一部で雨漏りがあるほか、門前の石垣が崩れた。

 装飾古墳「仙道古墳」(福岡県筑前町)の墳丘の一部が陥没したほか、「石貫ナギノ横穴群」(熊本県玉名市)でも石片の剥落があった。

 文化庁は、世界文化遺産「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」に含まれる新原・奴山古墳群(福岡県福津市)での被害も確認した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.