天気予報を見る
 
新聞購読申込

佐藤春夫らの“幻の原稿”確認/壺井栄も、戦中の上海誌

2018/04/27 18:17

 記者会見する北京外国語大の秦剛教授=27日、東京都内
 記者会見する北京外国語大の秦剛教授=27日、東京都内

 作家の佐藤春夫(1892〜1964年)や壺井栄(1899〜1967年)が戦時中の上海で発行された日本語雑誌「大陸」に発表したきり、日本では存在がほとんど知られていなかった“幻の原稿”が確認された。北京外国語大の秦剛教授(日本文学)が27日、東京都内で記者会見して発表した。

 ほかに作家の井伏鱒二さん(1898〜1993年)が戦争末期に執筆した短編小説などを確認。秦さんは北京の中国国家図書館で同誌を見つけた。20作以上が日本で未発表の貴重な資料といい、28日発売の文芸誌「早稲田文学」初夏号に一挙に掲載される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.