天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

845年、般若心経を書写と記す/平安の勧請板、鳥取で出土

2018/04/17 19:03

 鳥取市の青谷横木遺跡で出土した平安時代の勧請板(奈良文化財研究所提供)
 鳥取市の青谷横木遺跡で出土した平安時代の勧請板(奈良文化財研究所提供)

 鳥取市の青谷横木遺跡で、「承和12(845)年3月17日に般若心経34巻を書き写した」と記した平安時代の勧請板が出土し、鳥取県埋蔵文化財センターが17日発表した。板は集落の入り口などに掲げて五穀豊穣や無病息災を祈ったとされるが、10世紀には田げたに転用されていた。

 堅田B遺跡(金沢市)、松原内湖遺跡(滋賀県彦根市)で、鎌倉時代以降の勧請板が見つかっているが、平安時代にさかのぼるものはきわめて珍しく、地方での仏教の在り方を考える史料になるとしている。

 田げたは長さ45・7センチ、幅9・6センチ、厚さ1・4センチ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.