天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

カツオ文化を日本遺産に、高知/来年の認定目指す

2018/04/17 18:28

 記者会見する「高知カツオ県民会議」の受田浩之会長代理=17日午後、高知市
 記者会見する「高知カツオ県民会議」の受田浩之会長代理=17日午後、高知市

 近年不漁が続くカツオの実態調査などに高知県の企業や団体、行政が連携して取り組む「高知カツオ県民会議」(会長・尾崎正直知事)は17日、塩たたきや一本釣りなど高知独特のカツオに関する食文化や風習について、文化庁の「日本遺産」認定を目指すと発表した。

 カツオと縁のある県内自治体にも協力を呼びかけ、6月にも活動を推進する協議会を設立する。来年1月に申請し、同4月の認定を目指す。

 高知市で記者会見した同会議の受田浩之会長代理は「カツオ資源の在り方や価値を、県内はもとより県外の方々にも知ってほしい」と狙いを説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.