天気予報を見る
 
新聞購読申込

4月から音楽教室の著作権料徴収/JASRAC発表

2018/03/08 20:17

 音楽教室からの著作権使用料徴収を容認した文化庁長官の裁定を受け、日本音楽著作権協会(JASRAC)は8日、全国の約900事業者が開設する約7300の音楽教室を対象に、4月1日の使用分から徴収を開始すると発表した。

 徴収の対象は楽器メーカーや楽器店が運営する教室で、当面は個人運営の教室は対象にしない。

 ヤマハ音楽振興会など約250の事業者は、徴収権限がないことの確認を求めて東京地裁に提訴している。これらの事業者にも徴収開始を通知するものの、個別の督促は控えるとしている。

 使用料の支払い方式は選択制。年額か、月額または曲別の3通りから選ぶ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.