天気予報を見る
 
新聞購読申込

家康ら上洛時の居室跡見つかる/滋賀の「永原御殿」

2018/02/14 18:00

 滋賀県野洲市の永原御殿跡で見つかった、徳川家康ら将軍の居室とみられる建物跡
 滋賀県野洲市の永原御殿跡で見つかった、徳川家康ら将軍の居室とみられる建物跡

 徳川家康ら江戸時代の将軍が3代にわたり上洛時に宿泊した永原御殿跡(滋賀県野洲市)で、将軍の居室や茶室だったとみられる建物跡が見つかり、市教育委員会が14日、発表した。

 これまでも将軍家の御殿として知られていたが、私有地で竹林だったため、建物配置がよく分からなかった。今回、江戸時代の間取り図に基づいて初めて本丸部分を発掘、図面通りに建物跡が確認され、調査委員会の東谷智甲南大教授(近世史)は「大坂の陣や3代家光への代替わりなど、政治的に重要な時期に利用された御殿の実態解明に役立つ」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.