天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

鏑木清方の幽霊図を公開/“幻の作品”、東京で

2017/08/12 19:13

 鏑木清方「茶を献ずるお菊さん」を公開している「幽霊画展」の展示風景=12日午後、東京都台東区の全生庵
 鏑木清方「茶を献ずるお菊さん」を公開している「幽霊画展」の展示風景=12日午後、東京都台東区の全生庵

 東京都台東区の全生庵で開催中の「幽霊画展」で、文化勲章受章者の日本画家、鏑木清方(1878〜1972年)による幽霊図「茶を献ずるお菊さん」が公開されている。94年前の関東大震災で焼失したとみられていた“幻の作品”だが、このほど所在が確認され、東京都内の画廊・加島美術が入手した。

 加島美術などによると、この作品は1906年、落語中興の祖、三遊亭円朝(1839〜1900年)の七回忌法要が営まれた際に絵はがきの図柄として使われた後、所在不明になっていた。軸装された作品には、杯台にふた付きの茶わんを載せて茶を差し出す女性が描かれている。

 全生庵は円朝の菩提寺。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.