天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

囲碁4者の世界戦が開幕/AIは中国代表と初戦

2017/03/21 12:22

 ワールド碁チャンピオンシップで、中国のミ・イク廷九段(右)に挑むAI代表の「DeepZenGo」=21日、大阪市の日本棋院関西総本部(日本棋院提供)
 ワールド碁チャンピオンシップで、中国のミ・イク廷九段(右)に挑むAI代表の「DeepZenGo」=21日、大阪市の日本棋院関西総本部(日本棋院提供)

 囲碁の日中韓トップ棋士と人工知能(AI)の4者が総当たり戦で争うワールド碁チャンピオンシップ(WGC)は21日、大阪市の日本棋院関西総本部で対局が始まった。AI代表の「DeepZenGo」は初戦で中国のミ・イク廷九段に挑む。

 国内6冠を保持する井山裕太碁聖は、初戦で韓国の朴廷桓九段と対戦、AIとは最終日の23日に戦う。井山碁聖がAIと公の場で対局するのは初めて。

 「DeepZenGo」は昨年11月、趙治勲名誉名人と3番勝負を行い、1勝2敗だったが、日本製のAIでは初めてプロにハンディなしで勝利した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.