天気予報を見る
 
新聞購読申込

作家辻原氏、日本芸術院新会員に/俳句宇多氏も

2016/11/30 17:21

 日本芸術院の新会員に選ばれた、辻原登氏(左)と宇多喜代子氏
 日本芸術院の新会員に選ばれた、辻原登氏(左)と宇多喜代子氏

 日本芸術院は30日、芸術活動で顕著な功績があったとして、作家の辻原登氏(70)と俳人の宇多喜代子氏(81)を新会員に選んだと発表した。12月15日付で文部科学相が発令する。

 辻原氏は和歌山県生まれ。中国奥地を舞台にした「村の名前」で1990年に芥川賞を受賞。西洋近代小説に関する評論活動も手掛け、神奈川近代文学館の館長を務める。

 宇多氏は山口県生まれ。80年の第1句集「りらの木」で新興俳句の有力作者と認められ、2006年から現代俳句協会の会長を務めた。

 新会員は毎年、会員の投票で選ばれる。非常勤の国家公務員として国から年250万円の年金が終身支給される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.