天気予報を見る
 
新聞購読申込

漱石の書簡8通発見/教え子の佐瀬蘭舟を激励

2016/11/26 19:22

 見つかった夏目漱石の書簡
 見つかった夏目漱石の書簡

 夏目漱石(1867〜1916年)が、旧制一高時代の教え子で歌人の佐瀬蘭舟(本名・武雄、1881〜1946年)宛てに書いた書簡8通が、26日までに見つかった。佐瀬の小説を雑誌「ホトトギス」に掲載してもらおうと主宰者の俳人高浜虚子に掛け合い、佐瀬を激励したことが分かる内容。うち4通が12月3日から横浜市の神奈川近代文学館で公開される。

 新たに見つかった書簡は8通だったが、うち3通は印刷年賀はがき、1通は封筒のみ。佐瀬宛ての文面のある書簡は4通で、漱石が朝日新聞社に在籍していた1907年から10年に書かれた。

 今年7月に佐瀬の遺族が計12通を同館に寄贈した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.