天気予報を見る
 
新聞購読申込

銀座で「べっぴんさん」展/懐かしい子育て用品

2016/11/24 15:34

 「ファミリアの軌跡展」=15日、東京都中央区のファミリア銀座本店
 「ファミリアの軌跡展」=15日、東京都中央区のファミリア銀座本店

 NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインのモデルは、子供服メーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さん(1918〜2005年)。同社の銀座本店(東京都中央区)では、創業からこれまでの歩みを紹介する「ファミリアの軌跡展」が来年4月3日まで、展示内容を変えながら、開かれている。ドラマをきっかけに来店し、歴代の品々を見て、子育てを懐かしむ人が多いという。

 坂野さんは1948年、女学校時代の同級生らと神戸市で、ファミリアの前身のベビー用品店を開業。76年、子ども用品専門の百貨店を日本で初めて、銀座6丁目にオープン。現在の8丁目の店舗は3代目だ。

 「軌跡展」は1月10日までは、小熊のキャラクターがテーマ。代替わりした縫いぐるみやイラストの原画を展示。1月12日〜2月14日は、さまざまなデザインのデニムバッグを紹介する。2月16日〜4月3日は、数々のチェック柄の洋服や雑貨などが展示される。

 「欧米の育児法を広めたい」という坂野さんの思いは現在も引き継がれている。同店では、毎日2回、ウェブで申し込んだ1日4組を対象に、無料のマタニティーセミナーが開かれている。

 戦後の物のない時代でも、上質の生地を使い、縫い目を外側にして、肌触りの優しい赤ちゃん用の肌着を最初に作ったという同社。「良い物を作りたいという創業者の思いが感じられます」と担当者は話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.