天気予報を見る
 
新聞購読申込

秀吉「伏見城」の石垣か/良好な状態、謎解明に期待

2016/11/19 17:27

 豊臣秀吉が天下統一後に築城した最初の伏見城とみられる石垣=京都市
 豊臣秀吉が天下統一後に築城した最初の伏見城とみられる石垣=京都市

 豊臣秀吉が天下統一後の1592年から築城した最初の伏見城(指月城)とみられる石垣が京都市伏見区で見つかり、民間発掘調査団体の関西文化財調査会が19日までに発表した。

 1596年の慶長伏見地震で倒壊した指月城は史料が少なく、詳しい位置などは分かっていない。指月城の一部とみられる石垣はこれまでも見つかっているが、今回は比較的良好な状態で、威容を誇っていたとの説もある「謎の城」の研究が進みそうだ。

 発掘調査は京都市が指導し、同調査会が行った。同会によると、石垣は長さ14・5メートル、高さ2・8メートル。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.