天気予報を見る
 
新聞購読申込

親鸞の肖像画を5年ぶり特別公開/「鏡御影」、龍谷ミュージアム

2016/11/18 11:01

 特別公開された国宝「親鸞聖人像」=18日午前、京都市
 特別公開された国宝「親鸞聖人像」=18日午前、京都市

 京都市下京区の龍谷ミュージアムで開催中の特別展「浄土真宗と本願寺の名宝1」で18日、浄土真宗の宗祖親鸞の肖像画として名高い国宝「親鸞聖人像」(鏡御影)が5年ぶりに特別公開された。25日まで。

 鏡御影は、鏡に映したように親鸞にそっくりということから、その名で呼ばれる。西本願寺所蔵の鎌倉時代の作品で、縦約74センチ、横33センチ。細い線を重ね、人物の特徴を写実的に描く「似絵」の代表作といわれる。

 特別展は浄土真宗本願寺派の門主就任を周知する「伝灯奉告法要」を記念したもので、入館料は一般1200円、高校・大学生800円、小中学生400円。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.