天気予報を見る
 
新聞購読申込

ライター雨宮まみさんが死去/「こじらせ女子」生みの親

2016/11/17 21:39

 流行語となった「こじらせ女子」の生みの親で、ライターの雨宮(あまみや)まみさんが死去したことが17日、分かった。40歳。福岡県出身。雨宮さんの著書を刊行する大和書房が同日、死去を発表した。葬儀・告別式は近親者で営んだ。

 自宅で心肺停止の状態で倒れているのが見つかり、警視庁が死亡を確認した。事件性はないという。

 女性らしさに自信を持てず、劣等感を抱えた自身の半生をつづったエッセー「女子をこじらせて」(2011年)が話題となり、「こじらせ女子」という言葉が広まるきっかけをつくった。雑誌などで、女性の生きづらさを主題にしたエッセーで人気を博し、書評も手がけた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.