天気予報を見る
 
新聞購読申込

将棋、今泉が順位戦へ昇級/戦後最年長のプロ

2016/11/17 20:41

 今泉健司四段
 今泉健司四段

 戦後最年長の41歳で将棋のプロ棋士となった今泉健司四段(43)は17日、大阪市の関西将棋会館で行われた王位戦予選で畠山鎮七段を破り、規定の成績を挙げたため、フリークラスから名人戦の順位戦C級2組への昇級を決めた。

 今泉四段は広島県出身で、プロ棋士を養成する奨励会の元三段。退会後はアマ大会で目覚ましい活躍を見せて2014年12月、プロ編入試験に合格し、フリークラスに所属。奨励会を卒業せずにプロ入りを果たし、話題を呼んだ。

 その後は名人への第一歩となる順位戦参加を目指していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.