天気予報を見る
 
新聞購読申込

写楽の版画など古典オークション/全国から2千点、東京で開催

2016/11/17 16:43

 「古典籍展観大入札会」に出品される東洲斎写楽の「四代目松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛」(東京古典会提供)
 「古典籍展観大入札会」に出品される東洲斎写楽の「四代目松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛」(東京古典会提供)

 国内最大級の古典籍オークション「古典籍展観大入札会」が18、19日に東京都千代田区の東京古書会館で開かれるのを前に、全国の古書業者が出品する書画など約2200点が17日、報道陣に公開された。

 昨年より約400点多い今回の目玉は、江戸時代の浮世絵師、東洲斎写楽の版画「四代目松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛」や、平安中期の書家で「三跡」の一人、藤原行成の筆とされる「関戸本 古今集切」など。

 主催する東京古典会によると、これらの作品がこの入札会に出ることは極めて珍しい。 18、19日の大入札会は入場無料。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.