天気予報を見る
 
新聞購読申込

ハリポタ新刊が100万部/発売から3日、重版決定

2016/11/16 19:53

 大ベストセラーシリーズの最新刊「ハリー・ポッターと呪いの子」の版元の静山社は16日、同書の発行部数が発売から3日で100万部に達したと明らかにした。初版80万部で11日に発売、14日に20万部の重版を決めた。

 静山社によると、同書は作者のJ・K・ローリングさんらが英国で手掛けた舞台劇の書籍化で、脚本を翻訳したもの。同社の中道律子執行役員は「今回はシナリオだったので、内容を確かめてから買う人が多かった。売り切れた書店もあると聞いて重版を決めた」と話した。

 これまでのシリーズ7巻の販売実績はそれぞれ511万〜200万部。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.