天気予報を見る
 
新聞購読申込

新聞通信調査会がシンポジウム/「ネット考慮し慎重報道を」

2016/11/16 19:18

 プライバシー保護とメディアの在り方について考えるシンポジウムが16日、東京都内であり、メディア関係者ら約150人が参加した。ジャーナリストの津田大介氏が講演し「インターネット上の膨大な情報を照合することで、個人の情報を集めやすくなっている。プライバシー保護のため、報道にはより慎重な対応が求められる」と訴えた。

 シンポは公益財団法人「新聞通信調査会」が主催。津田氏は、貧困問題を扱ったニュースで取り上げられた少女の個人情報が、ネット上で拡散した事例を説明。「センシティブな内容なのに配慮が足りなかった」と批判した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.