天気予報を見る
 
新聞購読申込

小松政夫が36年ぶりに新曲/「74歳、新人歌手です」

2016/11/15 16:33

 10月、プロモーションで訪れた大阪市中央区の「USEN大阪オフィス」で、CDを手に笑顔を見せる小松政夫
 10月、プロモーションで訪れた大阪市中央区の「USEN大阪オフィス」で、CDを手に笑顔を見せる小松政夫

 日本喜劇人協会会長でコメディアンの小松政夫がシングルCD「親父の名字で生きてます」(ワーナーミュージック・ジャパン)をリリースした。小松の新曲は1980年11月の「タコフン音頭」以来、36年ぶり。

 レコード時代にヒット曲を飛ばしたベテランにとって、新曲CDは初めて。大阪市内でのプロモーションで「74歳、新人歌手の小松政夫です。よろしくお願いします」とあいさつし、握手会やサイン会にも臨んだ。

 小松といえば「しらけ鳥音頭」や「小松の親分さん」などのコミックソングが代表的だが、今回は真面目な演歌。芸能界の父と敬愛する植木等さんへの思いをしみじみと歌った。

 植木さんの付き人を経て、芸能事務所と契約してから今年で50年。2017年1月には東京、福岡、名古屋、大阪で「芸能生活50周年記念公演〜いつも心にシャボン玉〜」を行う予定だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.