天気予報を見る
 
新聞購読申込

台湾、十二支像複製品を撤去/南部嘉義県の故宮南院

2016/11/15 16:17

 故宮南院で十二支像を撤去する作業員=14日、台湾・嘉義県(中央通信社=共同)
 故宮南院で十二支像を撤去する作業員=14日、台湾・嘉義県(中央通信社=共同)

 【台北共同】台湾の故宮博物院は14日、南部嘉義県にある分院「故宮南院」の庭に設置されていた、中国の円明園にあった十二支像の複製品を撤去した。台湾メディアが15日、報じた。

 複製品は昨年12月の故宮南院開館に合わせて、香港の映画スターで中国の国政助言機関、人民政治協商会議(政協)委員のジャッキー・チェンさんが寄贈。しかし「中国の統一工作に利用されている」との批判が出て、赤いペンキで落書きされる事件が起きるなどした。

 今年5月に独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が誕生した後、故宮は「複製品は芸術性が低い」などとして撤去を決めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.