天気予報を見る
 
新聞購読申込

「種をまく人」に最優秀監督賞/ギリシャの映画祭

2016/11/14 22:30

 【ローマ共同】ギリシャ北部テッサロニキで開かれた第57回テッサロニキ国際映画祭で13日、竹内洋介監督(38)の「種をまく人」が最優秀監督賞に当たる「銅賞」を受賞した。出演した竹中涼乃さん(12)も最優秀女優賞に選ばれた。

 「種をまく人」は、心の病を患う男性とそのめい2人の間に起こった、ある出来事を巡る人間ドラマ。同作品が出品されたコンペティション部門は、主に新人監督の発掘を目的としている。竹内監督はさいたま市出身。

 最優秀賞の「金賞」は、ハンガリーの作品「KILLS ON WHEELS」が受賞した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.