天気予報を見る
 
新聞購読申込

没後30年、島尾敏雄しのぶ/ゆかりの奄美で式典

2016/11/12 21:13

 鹿児島県奄美市の文学碑前で営まれた「島尾忌」で、島尾敏雄の詩を朗読する関係者ら=12日午後
 鹿児島県奄美市の文学碑前で営まれた「島尾忌」で、島尾敏雄の詩を朗読する関係者ら=12日午後

 鹿児島県・奄美大島で暮らし、小説「死の棘」などで知られる作家島尾敏雄(1917〜86年)の命日に当たる12日、奄美市の文学碑前で「島尾忌」が営まれた。没後30年の節目を迎え、ファンら約30人が集まり、業績や人柄をしのんだ。

 会場では参列者が全員で黙とうした後、孫の真帆さん(38)らが献花。島尾の詩も朗読された。県立奄美図書館の石塚一哉館長は、来年が生誕100年となることから「全国各地で島尾ファンを増やし再評価の契機としたい」とあいさつした。

 島尾は横浜市出身で、55年に奄美へ移住。戦争体験や家庭生活を題材に小説を執筆した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.