天気予報を見る
 
新聞購読申込

秋の合掌集落包む水柱、白川郷/恒例の防火訓練

2016/11/06 10:44

 世界文化遺産の白川郷の合掌造り集落で行われた放水訓練=6日午前、岐阜県白川村
 世界文化遺産の白川郷の合掌造り集落で行われた放水訓練=6日午前、岐阜県白川村

 世界文化遺産に登録されている岐阜県白川村の白川郷で6日、伝統の木造家屋の火災に備えた毎年恒例の放水訓練があり、高さ約30メートルの白い水柱が紅葉に彩られた秋の山村を包んだ。

 白川郷には大小114棟の合掌造り家屋があり、消火用放水銃を59基設置。上空に放水して火の粉の飛散を抑え、家屋の延焼を防ぐ。住民と消防団が放水銃の点検を兼ねて年1回実施している。

 午前8時にサイレンが鳴り響き一斉に水柱が上がると、見物客が歓声を上げた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.