天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本の2作は受賞ならず/東京国際映画祭が閉幕

2016/11/03 18:40

 東京国際映画祭の授賞式で、最高賞受賞を喜ぶ「ブルーム・オヴ・イエスタディ」のクリス・クラウス監督(中央)。左は東京都の小池百合子知事=3日午後、東京・六本木
 東京国際映画祭の授賞式で、最高賞受賞を喜ぶ「ブルーム・オヴ・イエスタディ」のクリス・クラウス監督(中央)。左は東京都の小池百合子知事=3日午後、東京・六本木

 第29回東京国際映画祭の授賞式が3日、東京・六本木で開かれ、ドイツ・オーストリア合作の「ブルーム・オヴ・イエスタディ」(クリス・クラウス監督)がコンペティション部門の最高賞「東京グランプリ」を受賞、日本映画2作は賞に絡まなかった。映画祭は同日閉幕した。

 「ブルーム・―」は、人付き合いが苦手なドイツのホロコースト研究者がフランス系ユダヤ人の女性と出会い、ぶつかり合いながらも恋に落ちる物語。ナチズムの悲惨さや狂気を、ブラックユーモアを交えて描いた。

 クラウス監督は「この映画を作るのは簡単なことではなかった。独仏や日本で公開されることを期待している」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.