天気予報を見る
 
新聞購読申込

大賞に高山さん「太陽の側の島」/第2回林芙美子文学賞

2016/01/26 20:07

 北九州市は26日、「放浪記」などの作品で知られる作家林芙美子の名を冠した「林芙美子文学賞」の第2回大賞に、横浜市の会社員高山羽根子さん(40)の「太陽の側の島」を選んだと発表した。賞金100万円が贈られ、作品は雑誌「婦人公論」4月12日号に掲載される。

 作品は、ある戦時下の国で暮らす女性と、激戦地に出征した兵士の日記のやりとりを通じ、それぞれが導く「真理」を描いた。高山さんは「書き続けようという強い力をいただいた」とのコメントを出した。

 選考委員を務めた角田光代さんは「世界観の広がりに魅了された」と評価した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.