天気予報を見る
 
新聞購読申込

富山県、ポスター審査に画像検索/エンブレム撤回で

2015/09/03 21:06

 国際公募ポスター展「世界ポスタートリエンナーレトヤマ」を主催する富山県は3日、応募作品の審査過程でインターネットの画像検索機能を使ったチェックを実施すると発表した。2020年の東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムが白紙撤回された問題を受けた措置。

 県によると、展覧会は1985年から3年に1度開催し、審査員が選んだ入賞作品などを県立近代美術館(富山市)で展示している。県は入賞作品16点を最終的に決める16、17日の2次審査会に画像検索機能を導入し、類似作品がないか確認する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.