天気予報を見る
 
新聞購読申込

ピースおおさか改装/加害展示、侵略表現なく

2015/04/30 09:51

 大阪市中央区の「大阪国際平和センター」=30日午前
 大阪市中央区の「大阪国際平和センター」=30日午前

 大阪市中央区の戦争博物館「大阪国際平和センター」(ピースおおさか)で30日午前、リニューアルオープンの記念式典が開かれた。松井一郎大阪府知事らが出席し、大阪空襲の犠牲者約9千人の氏名が刻まれた中庭のモニュメント「刻の庭」で献花。午後1時に開館する。

 ピースおおさかは、市と大阪府が共同出資する財団法人が運営。大阪維新の会や自民党の府市議らが「自虐史観」と批判した日本軍の加害行為の展示、「侵略」の表現は改装を機になくなった。

 ピースおおさかによると、新たな展示は大阪空襲に特化し、戦時下の暮らしぶりや、焼け野原になった当時の大阪など六つのテーマで構成。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.