天気予報を見る
 
新聞購読申込

朝倉氏滅亡、秀吉が伝える/武将宛ての書状見つかる

2015/04/28 18:20

 朝倉氏滅亡を伝える秀吉の書状について説明する佐藤圭氏=28日午後、福井県庁
 朝倉氏滅亡を伝える秀吉の書状について説明する佐藤圭氏=28日午後、福井県庁

 福井県は28日、羽柴(豊臣)秀吉が越前の戦国武将、朝倉義景の滅亡を丹後の武士に知らせる書状が見つかったと発表した。県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館によると、朝倉氏の滅亡を最も早く知らせた文書で、秀吉自身が当時の戦況を語った貴重な資料という。

 書状は縦26センチ、横約43センチ。天正元(1573)年8月22日、織田信長の命で朝倉氏を攻撃していた秀吉が、陣中から丹後の矢野備後守に朝倉氏が自害したことを知らせる内容。矢野氏からの書状に返信したもので、越前出兵の経緯や加賀地方の戦況などが記されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.