天気予報を見る
 
新聞購読申込

吐きそうなほど母が感動/「ビリギャル」有村架純

2015/04/28 16:28

 落ちこぼれの女子高生が慶応大学合格を目指す映画「ビリギャル」(5月1日公開)の現役女子高生限定PRイベントが東京都内で開かれ、主演女優の有村架純らが登場した。

 ベストセラーになった「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」が原作。金髪に付けまつげ、超ミニスカートのヒロインを演じた有村は「こんなにスカートを短くはいたことはないです」と語り、同じくギャル風メークの親友を演じた女優蔵下穂波は「(プライベートで)付けまつげをしたら『ニューハーフみたいだ』と言われて、それから付けられなくなったんです」とトラウマを告白した。

 映画では、娘を信じて献身的に支える母の愛も描かれる。有村も、応援してくれる母が映画を見たことを明かし「感想を聞いたら『吐き気をもよおすくらい泣いた』って言っていました。それくらい感動してくれたみたいでうれしい」と笑った。

 原作のモデルになった小林さやかさんも駆けつけ、「もうギャルじゃないんです。27歳になっちゃいました」とあいさつ。「私は高2の夏に勉強を始めたけど、もうちょっと早めにしといた方がいいと思います」と女子高生たちにアドバイスした。

 主人公の同級生役を演じたモデルの松井愛莉、阿部菜渚美も出席した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.