天気予報を見る
 
新聞購読申込

没後4百年、徳川家康しのぶ/久能山東照宮に子孫ら参拝

2015/04/17 12:50

 「御鎮座四百年大祭」の「御例祭」で、参道を進む徳川家康の子孫(左)ら=17日午前、静岡市駿河区の久能山東照宮
 「御鎮座四百年大祭」の「御例祭」で、参道を進む徳川家康の子孫(左)ら=17日午前、静岡市駿河区の久能山東照宮

 静岡市駿河区の久能山東照宮で17日、徳川家康の没後400年を記念する「御鎮座四百年大祭」の中心となる「御例祭」が開かれた。4月17日を徳川家康の命日として、15日から5日間大祭を開いている。

 本殿前で宮司が祝詞を読み上げると、司祭を務める徳川宗家第18代当主徳川恒孝さん(75)が玉串を納め、海山の幸や菓子など約50種類からなる供物の「三品立神饌」や、家康が愛飲したとされるお茶を奉納した。

 大祭には家康の子孫十数人のほか、ゆかりのある約300人が参加。水戸徳川家、尾張徳川家の当主も顔をそろえた。神事の後、一行は本殿奥にある家康の墓を参拝。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.