天気予報を見る
 
新聞購読申込

NHK会長が専務理事に辞任迫る/任期途中の2人、拒否し続投

2015/04/15 12:08

 NHKが14日発表した役員人事をめぐり、籾井勝人会長が昨年に続き、専務理事2人に任期途中での辞任を迫っていたことが15日、NHK関係者への取材で分かった。2人は拒否し、続投することになった。

 関係者によると、辞任を迫られたのは塚田祐之、吉国浩二の両専務理事。2人は任期が1年残っているが、籾井会長から9日に、後進に道を譲るよう求められたという。

 現在、塚田専務理事は営業統括など、吉国専務理事は広報業務統括などを担当、今後は受信料支払率向上を目指す「ターゲット80」の統括補佐となる。

 2人は昨年4月にも、再任後2カ月で会長から辞任を迫られ、拒否している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.