天気予報を見る
 
新聞購読申込

いっこく堂「世界初」とアピール/腹話術でミュージカル主演

2015/04/14 18:26

 制作発表に登場したいっこく堂(左)と相棒の人形「健太くん」=14日、東京都内
 制作発表に登場したいっこく堂(左)と相棒の人形「健太くん」=14日、東京都内

 腹話術師のいっこく堂が、東京都内で行われたミュージカル「ダブル」の制作発表に登場した。初挑戦のミュージカルで主演に起用され、「腹話術の人形を使ったミュージカルは世界初。幅広い世代に楽しんでいただけると思います」とアピールした。

 ミュージカルは1938年ごろの横浜の劇場を舞台にした恋物語。主人公の腹話術師は、軍部の依頼で興行師(宮川浩)の素性を調べようと近づいてきた共演女優(愛華みれ)に夢中になり…。

 いっこく堂は「20年以上前、腹話術を始めてすぐのころ、ミュージカルをやってみようと思いましたが、踏み出せなかった。台本も歌も作れなかったんです」とミュージカルへの熱い思いを語った。「今回は台本ありきなので、すぐにやってみようと思いました」と迷わず出演を決めた。

 ミュージカルならではの難しさは分かっている。「腹話術で歌うと、のどに負担が掛かりますが、練習量でやっつけます」と並々ならぬ決意を見せる一方、「僕はリズム感がないからダンスは苦手。踊りはお人形さん(健太くん)に任せます」と弱気発言で笑わせた。

 MCとして案内役を務める元「光GENJI」の内海光司は「MCなので、お客さんとの絡みがあるかも。言われれば、いつでもローラースケートを履きますよ」とファンサービスを約束した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.