天気予報を見る
 
新聞購読申込

四国こんぴら歌舞伎が開幕/中村時蔵さんら、金丸座で

2015/04/11 12:05

 「四国こんぴら歌舞伎大芝居」で演じる尾上菊之助さん(中央左)と中村時蔵さん(同右)=11日午前、香川県琴平町
 「四国こんぴら歌舞伎大芝居」で演じる尾上菊之助さん(中央左)と中村時蔵さん(同右)=11日午前、香川県琴平町

 春の恒例「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が11日、香川県琴平町の「旧金毘羅大芝居」(金丸座)で開幕した。今年で31回目。26日まで。

 中村時蔵さんが12年ぶり7度目の出演で、今回初めて座頭を務める。ほかに、尾上松緑さんや尾上菊之助さんら今後の歌舞伎界を担う若手の役者らが出演。江戸時代に起きた殺人事件を素材にした「伊勢音頭恋寝刃」や、陰陽師の安倍晴明の伝説を基にした「芦屋道満大内鑑」など4演目を上演。

 初日の第1部の観客は約730人。毎年来ているという広島県尾道市の主婦田辺清美さん(66)は「小さな劇場なので臨場感があっていいですね」と笑顔だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.