天気予報を見る
 
新聞購読申込

画家・片岡球子さんの新資料公開/渡欧時の模写など

2015/04/06 21:47

 ミロの女性像の模写やスケッチなどが描かれた片岡球子さんの資料
 ミロの女性像の模写やスケッチなどが描かれた片岡球子さんの資料

 片岡球子さん
 片岡球子さん

 個性的な歴史人物画で知られた日本画家の片岡球子さん(1905〜2008年)が、1962年に初めて渡欧した際、現地で作品を模写したスケッチや日記などの新資料が6日までに、神奈川県藤沢市のアトリエで見つかった。

 7日から東京都千代田区の東京国立近代美術館で開かれる「片岡球子展」で一部が公開される。

 同美術館は「外遊中の足取りや熱心に模写に取り組んだ様子が分かる貴重な資料」としている。

 新資料は、A3サイズの和紙約50枚や日記など。和紙にはパリの美術館で開かれたミロの回顧展などで見た作品が模写され、ミロの女性像の横に「デッサンノスバラシキコト」とメモしていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.