天気予報を見る
 
新聞購読申込

伝統芸能で日中友好を/北京で歌舞伎と京劇が共同公演

2015/04/02 20:55

 歌舞伎と京劇との共同公演で披露された、中国側による「覇王別姫」の一場面=2日、北京(共同)
 歌舞伎と京劇との共同公演で披露された、中国側による「覇王別姫」の一場面=2日、北京(共同)

 【北京共同】日中友好を伝統芸能の交流で促進しようと、日本の歌舞伎と中国の京劇の共同公演が2日夜、北京の梅蘭芳大劇院で開催された。

 歌舞伎俳優の尾上菊之助さんが小姓弥生、獅子の精を踊り分ける「春興鏡獅子」を披露。中国側は中国国家京劇院が、秦始皇帝の死後、劉邦との覇権争いに敗れた項羽と虞姫(虞美人)の自害を描いた悲劇「覇王別姫」を上演。両国の伝統芸能が一度に鑑賞できる貴重な機会になった。

 公演は中国の民間友好団体、中国人民対外友好協会(李小林会長)などが主催し、日本大使館や自民党歌舞伎振興議員連盟(会長・中曽根弘文元外相)が後援している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.