天気予報を見る
 
新聞購読申込

横穴墓を70基発見、京都/共同墓地か、珍しい陶棺も

2015/01/20 19:15

 松井横穴群で出土した焼き物のひつぎ「陶棺」とふた=20日午後、京都府京田辺市
 松井横穴群で出土した焼き物のひつぎ「陶棺」とふた=20日午後、京都府京田辺市

 京都府京田辺市の松井横穴群で、古墳時代後期―飛鳥時代に造られた横穴墓70基が見つかり、京都府埋蔵文化財調査研究センターが20日、発表した。この横穴群はこれまでも知られていたが、本格的な調査は初めて。

 珍しい焼き物のひつぎ「陶棺」も出土した。同センターは、松井横穴群全体で300〜400基あると推測した上で「これだけ大規模な共同墓地が見つかるのは珍しい。当時、有力農民を中心とした集落が複数あったのでは」としている。

 横穴墓は丘陵の斜面を水平方向に掘ったトンネル状。奥行きは3〜13メートル、幅は3〜6メートル。

 現地説明会は25日午前10時半と午後1時半から。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.