天気予報を見る
 
新聞購読申込

バナナマンがアニメ「声優」に/日村、人間の役はNG?

2015/01/15 18:17

 「スター・ウォーズ 反乱者たち」のアフレコ会見に登場した「バナナマン」の設楽統(左から2人目)と日村勇紀(中央)=15日、東京都内
 「スター・ウォーズ 反乱者たち」のアフレコ会見に登場した「バナナマン」の設楽統(左から2人目)と日村勇紀(中央)=15日、東京都内

 CSチャンネル「ディズニーXD」のアニメ「スター・ウォーズ 反乱者たち」(24日放送開始)の公開アフレコ会見が東京都内で開かれ、ゲスト声優を務めるお笑いコンビ「バナナマン」(設楽統、日村勇紀)が登場した。

 大ヒット映画シリーズのスピンオフアニメで、「フォース」と呼ばれる力を秘めた少年エズラが主人公。バナナマンは第3話に登場し、設楽が農場主のスマール、“地球人離れ”した容貌の日村は、物語のカギとなるフルーツを商う異星人を演じる。

 相次いで異星人役が舞い込むことに、日村は「決して人間役をNGにしているわけじゃないですよ。そんなことを言い出したら、(仕事の幅が)狭くなっちゃう。何でもやりますよ」と釈明。設楽は「日村さんは異星人っぽいから、その感じが出ていて大変良かった」と太鼓判を押した。

 「もしフォースの力が使えたら?」との質問に、設楽は「何でもできるから便利ですよね。でも悪用するとダークサイドに落ちちゃうから、身近なものをスッとずらすくらいで」と控えめ。

 日村は「腹が出ているから、下に落ちた物を拾うのや、靴ひもを結ぶのもつらいんです。フォースの力でシュシュシュッとしたい」と切実だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.