天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

集落に埋められた弥生時代の銅鐸/岡山、調査中に発見

2014/09/10 10:16

 神明遺跡で発掘調査中に見つかった弥生中期の銅鐸=9日、岡山県総社市(岡山県古代吉備文化財センター提供)
 神明遺跡で発掘調査中に見つかった弥生中期の銅鐸=9日、岡山県総社市(岡山県古代吉備文化財センター提供)

 岡山県総社市の集落跡の神明遺跡で弥生時代中期(紀元前2世紀ごろ)の銅鐸1個が出土し、県古代吉備文化財センターが10日、発表した。発掘調査で見つかるのは珍しく、同センターの光永真一参事は「埋め方や時期に加え、集落のどの位置に埋められたかまで調査できる」と話している。

 同センターによると、銅鐸は高さ約30センチ、幅約15センチ。外縁付鈕式と呼ばれるタイプで、8月21日に見つかった。銅鐸は時代が新しいほど、つり手部分が次第に薄くなることから大きく4段階に分けられ、外縁付鈕式は2番目に古いタイプ。銅鐸の中では小型といい、祭りの際に鳴らすなどしたとみられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.