天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

京都で「夜の寝覚」の一部発見/平安の幻の物語を解明へ

2014/05/29 16:55

 軸装された古筆切と実践女子大の横井孝教授。京都市の古書店で見つかり、これまで未確認だった「夜の寝覚」の一部と判明した=29日、東京都渋谷区
 軸装された古筆切と実践女子大の横井孝教授。京都市の古書店で見つかり、これまで未確認だった「夜の寝覚」の一部と判明した=29日、東京都渋谷区

 平安時代後期の物語「夜の寝覚」のうち、欠落した末尾部分の一部を写した南北朝時代の古筆切(書の断簡)が29日までに、京都市の古書店で見つかった。この古筆切により、先に見つかっていた他の古筆切も物語の一部と判明し、“幻の物語”の解明が大きく進み始めた。

 「夜の寝覚」は、女性主人公「中の君(寝覚の上)」が数奇な恋愛に遭遇する生涯を克明な心理描写でつづった長編。「更級日記」で知られる菅原孝標女の作と考えられ、「源氏物語」以後を代表する作品の一つとされる。現存する写本は中間と末尾の部分が失われ、謎の多い物語として研究者の関心を集めてきた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.