天気予報を見る
 
 
 

十五代酒井田柿右衛門を襲名/有田焼の名家

2014/02/04 10:26

 十五代を襲名し、記者団の取材に応じる酒井田柿右衛門さん=4日午前、佐賀県有田町
 十五代を襲名し、記者団の取材に応じる酒井田柿右衛門さん=4日午前、佐賀県有田町

 有田焼の陶芸家で、昨年6月に死去した人間国宝の十四代酒井田柿右衛門さんの長男酒井田浩さん(45)が4日、十五代酒井田柿右衛門を襲名した。

 佐賀県有田町役場で戸籍の改名手続きをした後、先祖の墓に襲名を報告。

 酒井田家は江戸時代初期に日本で初めて赤絵磁器を完成させた名家で、「濁手」と呼ばれる乳白色の磁肌と色絵が生み出す「余白の美」で知られる。

 十四代酒井田柿右衛門さんは1982年に襲名し、2001年に国から色絵磁器の国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。昨年6月に78歳で亡くなった。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.