天気予報を見る
 
新聞購読申込

来年1回限りの三浦綾子文学賞/旭川市で記念事業

2013/10/28 18:35

 「氷点」を手にする三浦綾子記念文学館館長の三浦光世さん=28日午後、北海道旭川市
 「氷点」を手にする三浦綾子記念文学館館長の三浦光世さん=28日午後、北海道旭川市

 作家の三浦綾子さん(1922〜99年)の代表作「氷点」が発表されて来年で50年を迎えるのを記念し、旭川市の三浦綾子記念文学館は28日、1回限りの文学賞を創設すると発表した。

 賞は「三浦綾子文学賞」。募集するのは、400字詰め原稿用紙換算で200〜250枚の未発表の小説。文学館は「困難な時代を生き抜く糧となる作品を寄せてほしい」としている。

 選考委員は現代詩作家の荒川洋治氏らが務め、賞金は50万円。受賞作はKADOKAWAから出版される。郵送で来年1月10日から6月30日の消印まで受け付ける。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.