天気予報を見る
 
新聞購読申込

iPS誤報で日テレが処分/報道局長ら

2012/10/29 17:29

 日本テレビの大久保好男社長は29日の定例記者会見で、森口尚史氏が人工多能性幹細胞(iPS細胞)を臨床応用したと番組で誤報したとして、粕谷賢之報道局長を減給にするなど5人を25日付で処分にしたことを明らかにした。

 同局によると、11日朝の情報番組「スッキリ!!」のニュースコーナーなどで誤って報じた。粕谷局長のほか、狐野由久外報部長ら2人を減給、報道局ニュースセンター長ら2人をけん責とした。

 また報道担当の渡辺弘常務執行役員は大久保社長から口頭で厳重注意を受けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.